後遺症に悩んでいる人のケアをする場合

近年、事故や病気などによって、身体に後遺症が残ってしまう人が増加しています。

高齢社会と呼ばれている日本国内では、高齢者の間で脳血管疾患や心疾患などで、後遺症を背負いやすい状況がみられています。

後遺症が残ることによって、今まで当たり前のようにできていたことが、突然できなくなってしまうために、精神的なショックも大きいといわれています。

そこで、後遺症に悩んでいる人のケアをする場合には、日常的な動作のサポートはもちろんのこと、メンタル面でのサポートの重要性が指摘されています。

中には定期的に、心療内科や精神科などを受診している人もいるとされ、社会全体で後遺症を抱えている人を支援するための体制の構築がすすめられています。

後遺症が残った年齢が早ければ早いほど、環境に順応しやすいといわれており、適切なリハビリテーションを行うことが望まれています。

後遺症を抱えている人に対しては、理学療法士や作業療法士などのコメディカルと呼ばれる、スタッフがサポートを行っており、生活上の悩みについては次第に解消することができます。

また、最近では全国の医療機関内において、心理学に関する知識を持ったスタッフが在籍していることもあり、随時カウンセリングを受けることもできます。